自分のリスニング力がわかる英会話動画

自分のリスニング力がわかる英会話動画です。
実力がわかれば今後の学習の指針になるはずです。

私の場合6番目は全く聞き取れませんでした。4と5は聞こえましたが、内容把握ができませんでした。1~3はほぼ完ぺきでした。

しかし、全体的に最初の1、2番目の単語が聞き取りにくかったです。この辺りが今後の課題になります。ある程度は聞き取れましたので、今までの学習はそれ程間違ってはいなかったようです。

 

ネイティブ英語が聞き取れるようになる
|難易度が少しずつ上がる6つの文でリスニング

英会話学習者を安心させてくれる動画 One language, three accents

我々英語・英会話学習者を
とても安心させてくれる動画です。

私の「girl」の発音は、
いまだに欧米人とは大きく異なります。

一番似ているのは、
動画に出てくるオーストラリア人女性です。

これだけ発音が異なるのであれば、
安心して外国の方と英会話を楽しむことができます。

ちなみに、この動画の再生回数は、
2021年2月22日時点で1300万回を超えています。

明らかに、共感者が多いことがわかります。

日常英会話で使う187フレーズ

このレベルの英会話でさえ、
口から完璧には出てきません。

多少の間違いや異なる表現で許されるならば、
95%以上の英語表現はできているようです。

英会話学習は、
今年(2021年)の4月から9年目に突入しますが、
悲しいことに、一部初見の英語表現も見受けられます。

Immersion in an English study program abroad can help you with your fluency.

私の師匠(笑)から以下のようなメールが届きました。この文章の3行目の英単語「immersion」はほぼ初見でした。どういう意味かご存知でしょうか?解答は一番下に載せておきます。メールで紹介されている動画もご参考にして下さい。

 
 
 
 
 
Hi Tom,

I believe education is the key to success.

Immersion in an English study program abroad can help you with your fluency.


Have you ever dreamed of studying abroad at a university in the USA? Or maybe in an immersion program? It could be much easier than you think!

I made a video for you about this. I share how you can study in the USA (or another English-speaking country) without taking any tests like the dreaded TOEFL or IELTS test, and also some money-saving tips and things I did to pay for my studies on a budget.

🔥Link to the video lesson on YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=fFtrYNXbtms

Now, if you would like to prepare for a study abroad experience so that you can start a program at a higher level, I highly recommend taking my complete English course!

Click on this link for information on the Fluent Communication program: https://gonaturalenglish.com/prereg/

Please note this is a premium, paid program that offers individual help and feedback for you to improve fast!

Your English Teacher,
Gabby from Go Natural English
 
 

How to study in an American university without taking the TOEFL or IELTS

 

 

 

 

 

英単語の解答は、「熱中、没頭、浸すこと」でした。

1 2 3 10