「will」と「be going to」の違い イムラン 中学英文法やり直し講座サンプル動画

学校英語や受験英語で習う英文法と口語の用法、つまり英会話の文法は全く異なります。その如実な例が、今回取り上げる「will」と「be going to」の違いです。

今日のイムランの英語一日一言でも出てきましたが、多くの英会話学習者が間違えていると思います。

参考になりますので、是非下の動画をご覧下さい。前置きが少し長いですがためになるはずです。

 

 

 

参考までに、下に「<103>英語一日一言」を載せておきました。

 

 

 

 

今日の一言は…

「来年結婚するんです。」

主語は「I」で考えてください!

6

5

4

3

2

1

では答えです。答えは…

I’m getting married next year.

又は

We’re getting married next year.

上記は現在進行形ですが『予定として決まっている未来の出来事』は現在進行形を使うことが多いです!覚えておいてください。

また、「will」は『その場で決めたこと』、『その場で思いついたこと』に対して使うことが多いので、『既に決まっている予定』などについて話す際にはあまり使いませんので、ご注意を!

「え?そうなの?」と思った方は、私のやっている「一日で中学英文法やりなおし講座」がお勧めです。宣伝じゃないですよ!だって文法が分からないのであれば、本当に出たほうがいいんですもん。

ではまた明日!

イムラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください